午後の蒐集

    【パリ国際航空ショー】海自最新鋭機、仏にたどり着けず 関係者「恥ずかしい」

       1:名前:ばーど ★:2017/06/27(火) 07:43:41.35 ID:CAP_USER9.net
    フランスで開かれた国際航空ショーに参加するため日本を出発した海上自衛隊の最新鋭のP1哨戒機2機のうち1機が、機体トラブルのためショーに参加できなかったことが分かった。
    日本の航空機製造の技術をアピールし、国際的に売り込む場となるはずだったが、「たどり着けなかったのは恥ずかしい」と政府関係者は話す。

    防衛省によると、2機は海自厚木基地(神奈川県)を12日に出発。16日に会場のパリ郊外の空港に到着し、19~20日にフランスの航空宇宙工業会が主催する航空ショーに参加し、地上展示や飛行を予定していた。
    2014年に「防衛装備移転三原則」が閣議決定され、各国の国防関係者らを前に高性能な哨戒機をアピールする場と考えていた。このショーに自衛隊機が参加するのは初めてだった。

    途中で2機は、ソマリア沖の海賊対策で派遣中の部隊のためにジブチに設けられている拠点に寄った。そこでの点検で1機にトラブルが発覚。
    交換部品の到着を待っているとショーに間に合わず、1機をとどめ置いて、残る1機だけでフランスへ向かったという。ショーにはフランスのマクロン大統領が訪れ、防衛省の若宮健嗣副大臣も出席した。

    防衛省は2機のショーへの派遣は公表していたが、1機が参加できなかった経緯は公表していない。2機は26日夕、厚木基地に相次いで到着した。(土居貴輝)

    残り:135文字/全文:701文字

    国際航空ショーに参加した機体と同型の海自の最新鋭哨戒機P1



    配信 2017年6月27日07時03分
    朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.asahi.com/articles/ASK6V4JD1K6VUTIL02H.html
    続きを読む

    【東京】「ブラックボックス展で私は痴漢された」 女性たちの証言 ギャラリーと“なかのひとよ”は謝罪★2

       1:名前:ばーど ★:2017/06/27(火) 08:35:22.20 ID:CAP_USER9.net
    ■暗闇の部屋でなにが起こっていたのか。

    5月6日から六本木のART & SCIENCE gallery lab AXIOMで開催されていた「ブラックボックス展」。
    複数の来場者がネット上に「痴漢被害を受けた」と投稿し、問題視されていた。
    会場でいったいなにが起こっていたのか。BuzzFeed Newsは被害を受けたと証言する複数の女性に話を聞いた。

    ■そもそも「ブラックボックス展」とは。

    同展は、フォロワー20万人を超えるTwitterアカウント「サザエBOT(@sazae_f)」の運営者として知られる「なかのひとよ(@Hitoyo_Nakano)https://twitter.com/Hitoyo_Nakano」の初の個展だ。
    事前に展示内容は公表されず、会場内での撮影等も禁止。来場者は会期終了までネット上をはじめ、第三者に口外することを禁止されていた。そのため、入場前に同意書への記入が必要になる。

    「本展覧会を『絶賛する感想』。または『酷評する感想』」の投稿は許可されており、ハッシュタグ「#ブラックボックス展」には、事実なのか虚構なのかわからないツイートが投稿され、人々の興味を煽った。
    SNS上で徐々に話題になると、会場前には長蛇の列ができ、5〜6時間待ちの日もあった。

    5月19日から、想定を上回る来場に伴う展示物・備品等の不足を理由に臨時休廊。5月30日から「ネクストレベル(NEXT LEVEL)」と題し、再開。会期が6月17日まで延長されることも発表された。

    6月13日には「アルテマレベル」なるものにアップデート。「本展覧会に適した精神・態度基準に達する者でなければ入場することができません」とし、バウンサーと呼ばれる“門番”によって入場者の選別が始まった。
    選別基準は、バウンサーの独断で平等に判断するとのこと。

    また、同日から入場料1000円の徴収もはじまった。

    バウンサーと呼ばれる門番
    ?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto

    ■展示の内容は「暗闇の部屋」

    ブラックボックス展の内容はこうだ。
    ギャラリーに入場したら1階の受付で、同意書に名前とアドレス、サインを書く。アルテマレベルでは、ここで1000円を支払う。同意書の内容は口外禁止や会場での私語厳禁、撮影禁止などだ。

    受付が済んだら2階に通される。途中の階段には、なかのひとよの紹介や開催にあたってのメッセージなどが飾られている。
    2階の展示部屋の前には、黒い丸のシールがあり、スマートフォンのカメラレンズ部分に貼る。これは撮影禁止を徹底するためのものだと思われる。

    シールを貼ったら、二重の黒幕で仕切られた部屋に通される。部屋に入ると中は真っ暗。客は手探りで壁伝いに移動しなければならない。そのため、客はほかの客と接触する可能性がある。
    実際に来場した人は「たぶん四角い部屋だったと思う。それくらいしかわからないくらい暗かった」と話す。

    部屋の中になにか展示物があるというわけではない。暗い部屋に入ること自体がアートであり、この個展の展示なのだ。
    部屋から出て、ギャラリー出口で許可書を受け取ったら終わり。

    受け取る許可書
    ?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto

    さまざまな感想がSNSに投稿されるなか、痴漢被害を訴える声がみられ、問題視され始めた。BuzzFeed Newsは被害を訴える4人の女性から証言を得た。

    >>2以降に続く

    配信 2017/06/26 17:01
    BuzzFeed Japan
    https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/blackbox-dear-nakanohitoyo?utm_term=.osgE1M0y1#.nx2EbPo8b

    関連ニュース 日テレ(2017年6月22日 19:19)
    「ブラックボックス展」“痴漢”訴え相次ぐ
    http://www.news24.jp/articles/2017/06/22/07365036.html

    ★1が立った時間 2017/06/26(月) 21:37:19.67
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498480639/
    続きを読む

    【調査】若者のフルーツ離れが深刻 20代の58%が摂取量"ゼロ"

       1:名前:DrugonSale ★:2017/06/27(火) 08:43:13.58 ID:CAP_USER9.net
    若者のフルーツ離れ 「面倒」「汚れる」に現れた救世主とは?〈週刊朝日〉
    6/27(火) 7:00配信

     桃、すいか、ぶどう、さくらんぼ……。色とりどりの果物がスーパーの店頭に並ぶ時期になった。果物は季節感豊かな味覚だが、若者が口にしなくなっている。

     厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、果実類の平均摂取量は20代が1人1日約61グラムで、60代の半分以下。20代の58%は摂取量ゼロ、「フルーツレス」だ。

     農協系のJC総研の「野菜・果物の消費行動に関する調査結果」でも似た傾向だ。果物を食べる頻度が「週に1日未満/食べない」と答えたのは、30代で43%、20代以下で55%。青柳靖元・主席研究員は若者のフルーツ離れの傾向について、「年々強まっている」とみる。

     東京都内の会社員・兒玉裕輝さん(32)は一人暮らしで、バナナを時々口にする程度。他の果物を食べない理由は「包丁を使うのが面倒くさい。手も汚れるし、ゴミも出る」という。

     若者の果物離れに、産地は危機感を強めている。

     青森県庁は県内外の小学生に「青森りんご出前授業」を展開する。栄養価の説明や試食を通して、食習慣をつけてもらうねらいだ。妊産婦向けには、りんごを使った料理のレシピなどを紹介するパンフレット「りんごの赤はママの愛」を配る。

     総務省の家計調査(二人以上世帯)によると、29歳以下の世帯のりんご購入量は全国平均で2000年に約3.7キログラムあった。16年は1.9キログラムまで減少。70代以上が20キログラム前後を保つのと対照的だ。県庁の担当者はりんご離れ対策を「一過性で終わらせず、地道に取り組む」という。

     みかん離れも深刻だ。

     農林水産省によると、最盛期の1975年に約327万トンだった出荷量は16年に約71万トン。青果物健康推進協会の近藤卓志さんは、食後にこたつで食べるなどみかんの食生活シーンが減ったことが一因とみる。

    「こたつでみかん」が減り、同協会などは13年から、職場で食べる「デスク de みかん」をPRする。ビタミン豊富な魅力を伝え、企業の食堂などで販売。多いときは3日間で2.5トンも売れた。近藤さんは「若い世代もみかん嫌いになったわけではない。機会をつくれば食べるはず」と話す。

     中央果実協会の調査によると、果物を毎日食べない理由で最も多いのは、価格の高さ。次いで、日持ちしない、皮をむく手間、他に食べる食品がある、と続く。

     そんな果物離れのなかで、急成長している品種もある。

     例えば、ぶどうのシャインマスカット。高価だが、上品な甘さで大粒なのに皮ごと食べられ、種もない。「JA全農やまなし」の場合、14年に約1100トンの販売量が今年は2千トン超の見込み。担当者は「これほど消費者ニーズに合った品種はなかった。救世主」という。

     食べやすいバナナも若者に根強い人気。日本バナナ輸入組合などは新たな食べ方「夜バナナダイエット」をPRする。
    夕飯前にバナナを食べて満腹感を高め、「ドカ食い」を防ぐ効果などを見込める。広報担当者は「朝食やおやつとして食べられてきたが、夜にも食べられるようになった」という。

    ※週刊朝日 2017年6月30日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00000034-sasahi-life&p=1
    続きを読む

    【韓国】韓国の中国専門旅行会社、半数以上が営業停止状態に[06/27]

       1:名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/06/27(火) 07:27:12.02 ID:CAP_USER.net
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=180632&ph=0

    2017年6月24日、参考消息網は韓国メディアの報道を引用し、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)問題によって中国市場を専門とする韓国旅行会社の半数以上が営業停止状態にあることを伝えた。

    韓国では、3月15日から中国の大部分の旅行会社が訪韓団体旅行の取り扱いを停止したと報じられている。韓国観光当局の発表によると、3月に韓国を訪れた中国人観光客の数は前年同月に比べ38.9%減り、4月、5月もそれぞれ65.1%、61.5%減少した。記事によると、中国人団体観光客の受け入れを行う当局指定の161社は中国市場で取り引きゼロの状態が続いており、営業停止に陥っている企業は過半数に上るという。

    記事はまた、免税店やホテル、中国語ガイドなどへの影響も指摘。免税店に関しては5月に外国人観光客による消費の伸び率が3カ月ぶりに上向いたことから「苦境を脱し始めた」などと報じられたが、業界からは依然、厳しい見方が出ている。観光関連業界は東南アジアなど中国以外の国から観光客を呼び込もうとしているが、訪韓規模も消費能力も中国人観光客には追い付いていない。

    一方、ホテル業界では高級ホテルの中で最も大きな影響を受けているロッテホテルの3~5月の客室予約率が前年同期に比べ約30%縮小。小規模ホテルでは複数の倒産が見られ、中国語ガイドや中国語販売員の失業も起きている。
    続きを読む

    【人工知能】MIT、光を使ったディープラーニングの原理実証 計算時間と消費電力を大幅削減

       1:名前:野良ハムスター ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 22:10:32.99 ID:CAP_USER.net
    マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、ディープラーニングに必要とされる複雑で多量の計算を光コンピューティングを使って高速化、低消費電力化する技術を開発したと発表した。まだ概念実証の段階だが、原理的にはディープラーニングの計算時間を大幅に短縮でき、従来のコンピュータに比べて消費電力を1/1000程度にできるという。研究論文は光学分野の専門誌「Nature photonics」に掲載された。

    ニューラルネットワークに基づくディープラーニング技術は、画像認識や音声認識をはじめ、医療データベースの中から診断に利用できるパターンを見つけ出したり、膨大な化学式を探索して新薬を創出するなど、さまざまな分野で使われるようになってきている。

    しかし、膨大なデータサンプルを学習する過程では時間とエネルギーを消費する大量の計算を行う必要がある。ディープラーニングで多用される計算は、主に行列同士の掛け算の繰り返しであるが、こうした演算処理は従来のCPUあるいはGPUには大きな負荷がかかるものとなる。

    研究チームは今回、このようなディープラーニングの計算に適した新しいアーキテクチャとして、光を用いたニューラルネットワークシステムを提案。その概念を実証するための実デバイスを開発し、実際にディープラーニングの手法による音声認識実験を行った。

    開発されたデバイスは、「プログラマブル・ナノフォトニック・プロセッサ」と呼ばれるもので、相互接続された光導波路を使って計算を行う。光導波路はデバイス形成後に組み替えることができ、必要な計算に合わせてその都度プログラミングする。

    具体的には、カスケード接続されたマッハ・ツェンダー干渉計56個の配列をシリコンフォトニクス集積回路上に形成したデバイスであるという。これを交互につないだ層構造を作って、脳内のニューロンの働きに似た非線形活性化関数と呼ばれる演算を行う。

    一般的なニューラルネットワークのアーキテクチャでは、入力層と出力層のあいだに多くの隠れ層が存在しているが、論文によると、今回のアーキテクチャでは、光干渉ユニットと非線形光学ユニットからなる光導波路1個1個がこれらの層として機能する。これを使うと、原理的には、行列の乗算をほぼエネルギーゼロで、瞬時に計算できるという。

    研究チームのMarin Solja?i?教授は、この仕組みを「眼鏡のレンズ」に例えて説明している。光が眼鏡のレンズを通過するときには、複雑なフーリエ変換の計算を行ったのと同じ結果が得られる。ナノフォトニック・プロセッサ内で起こるプロセスはこれがさらに一般化されたものであり、根本的には同様の原理に基づいているという。

    研究チームは、プログラマブル・ナノフォトニック・プロセッサを用いて実際にニューラルネットワークを実装し、4つの母音について音声認識させる概念実証実験を行った。初歩的なシステムではあるが、音声認識の精度は77%を達成することができたという。これは従来のシステムで実現されている精度の90%程度の性能である。さらなる精度向上に向けてシステム拡張を行うことについては特に問題ないとしている。

    http://news.mynavi.jp/news/2017/06/26/068/

    論文
    Deep learning with coherent nanophotonic circuits
    https://www.nature.com/nphoton/journal/vaop/ncurrent/full/nphoton.2017.93.html
    続きを読む

    【滋賀】料理は残さず持ち帰りを 大津市、「ドギーバッグ」推奨へ[06/26]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/06/26(月) 21:06:01.26 ID:CAP_USER.net
    大津市が、飲食店で食べ切れない料理を自宅に持ち帰る容器「ドギーバッグ」の推奨を始める。
    食べられるのに廃棄される食品ロスは全国で年間621万トンに上り、
    市は食品の有効利用や生ごみ削減につながると期待する。
    ポスターを作成して市内の店舗に協力を呼び掛ける予定で、「食べ残しを防ぐ文化を大津に根付かせたい」とする。

    ドギーバッグは米国など海外で普及し、
    客が恥ずかしくないよう「犬に食べさせる」名目で持ち帰るのが語源という。
    食中毒のリスクについては、店でなく客の「自己責任」とされる。
    容器の種類は問わない。

    日本ではあまり浸透しておらず、食品ロスの削減を目指す自治体間ネットワーク事務局の福井県によると、
    自治体が料理の持ち帰りを推奨するのは全国でも珍しいという。

    大津市は正しいドギーバッグ使用を推奨するとして、市内店舗に配るポスターを作成する。
    持ち帰りのメリットを伝えるほか、刺し身などの生ものは避ける▽清潔な箸で容器に入れる▽帰宅後は早く食べる―など
    消費者庁が作った留意事項を簡潔に説明する。

    食べ残しの処理費用が不要になり、店への利点もあるとして、市は商工会などを通じて協力店舗を募る方針。
    市民にも、広報誌やホームページを通じて周知を図る。
    8月ごろには家庭ごみに食品廃棄がどれだけあるか、抽出調査を行う。

    食品ロス削減は国連の持続可能な開発目標「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」にも明記されている。
    市はSDGsへの取り組みを推進する考えで、
    越直美市長は「米国のように、気軽に料理を持ち帰る風土ができれば」と話している。

    写真:大津市が推奨する「ドギーバッグ」のイメージ


    以下ソース:京都新聞 2017年06月26日 11時50分
    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170626000036
    続きを読む

    【芸能】小林麻耶、沈黙破り麻央さんへの思いつづる 「一緒に、生きていきたかった」★2

       1:名前:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2017/06/27(火) 02:46:37.33 ID:CAP_USER9.net
     22日に乳がんで亡くなったフリーアナウンサー、小林麻央さん(享年34)の姉でフリーアナ、
    小林麻耶(37)が26日、麻央さんの死去後、初めてブログを更新。現在の心境をつづった。
    「ご心配していただいたのにもかかわらず、今日までブログの更新できず、申し訳ありません」と
    読者に謝罪したうえで、「6月22日最愛の妹が旅立ちました。生まれた時から可愛くて可愛くて、
    どうしてこんなに妹が好きなんだろうと自分でも不思議に思ってしまうくらい心の底から大好きでした。
    世界一愛しい存在です」と麻央さんへの思いを込めた。

     「いつも優しくて、穏やかで、あたたかくて、自分のことより人を気遣う妹。私の絶対的な味方で、
    一番の理解者。そんな存在がこの世からいなくなってしまった寂しさ、悲しさは計り知れません。
    正直、この現実を私は受け止めることができずにいます」と正直な気持ちを吐露した。

     「もっと一緒にいたかった もっと一緒に話したかった もっと一緒に笑い合いたかった 
    もっと一緒に...もっと一緒に...いろんな思い出を作りたかった。一緒に、生きていきたかった」と
    かなわなかった願いを列挙した。

     それでも「これまで妹が教えてくれた...当たり前のことなど何ひとつない日常の有り難さ 
    命の輝き、尊さ 愛に生きるということ ひとつひとつ噛み締めながら妹がいない現実とともに
    生きていきたいと思います」と必死に前を向いた。

     「妹は、ブログを始めたことで多くの方々と繋がらせていただき、たくさんの励まし、勇気、
    力をいただきました。本当に本当に本当にありがとうございました。心から感謝しています」と
    麻央さんのブログの読者に感謝した。

     「ブログの写真を楽しそうに撮る妹の姿が私は好きでした。これまで妹を応援してくだった皆様
    妹が力強く前向きに生きた証のブログ、これからも時々訪れていただけたら幸いです。本当に本当に
    ありがとうございました」と呼びかけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000556-sanspo-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498478560/
    続きを読む

    【芸能】元AKB「渡辺美優紀」、バックに逮捕歴ありのパチンコ業者

       1:名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/06/27(火) 06:05:11.32 ID:CAP_USER9.net
     かつての注目度からすると、色褪せてしまった感は否めない。今年も開催された「AKB選抜総選挙」。イベント自体もさることながら、一足先に“卒業”したメンバーもまたしかりだ。元エースだった1人が、業界のルールを無視して、以前の所属事務所とトラブルになっていた。

     ***

     もっとも上位にランクインした2年前には、選抜総選挙で12位だから、なかなかの人気である。“みるきー”の愛称で呼ばれた渡辺美優紀(23)は、大阪が拠点のNMB48のエースとしてだけでなく、AKB48でも活動。昨年8月、グループを卒業すると、「まっとうに生きます」との言葉を最後に表舞台から姿を消していた。ところが、

    「今年4月、インターネットのライブ配信チャンネルを開設し、活動を再開しようとしていたのです」

     と言うのは、さるスポーツ紙記者。

    「配信は月1600円の有料で、ファンが多数、会員登録しました。すると、配信開始5分前になって、突然中止。ファンの間では、かつての所属事務所とトラブルになったのではないかと話題になりました」

    ■今後は中国、台湾
     渡辺が現役時代に所属していたのは吉本興業系列の事務所。NMBの卒業と同時に渡辺本人の希望で、契約が更新されることはなかった。芸能記者が言う。

    「吉本は、競業禁止規定として、契約終了後から2年間は芸能活動をしないことを契約書で謳っています。これは別に吉本だけに限ったことでなく、芸能界では一般的なルール。渡辺はそれを破ってネット配信をしようとしたところ、吉本が察知して、中止にしたようです」

     だが、渡辺の“暴走”はそれだけではなかった。6月からは、神戸の温泉やパン屋などを運営する会社が彼女をイメージキャラクターに起用したのである。

    「その直前の先月中旬には、吉本に対して、『今後、芸能活動を開始する。競業禁止は無効なので、見解を聞かせろ』といった主旨の内容証明を送りつけてきたそうです」(同)

     吉本興業の担当者は、内容証明が届いているのを認めたうえで、

    「競業禁止の契約変更を求めておきながら、話し合いの段階で芸能活動を再開しており、理解しかねます」

     と困惑した様子。渡辺個人の力だけで、営業や元事務所に対して強硬な態度が取れるとは到底思えないが、

    「実は、渡辺のバックには、神戸でパチンコ関連の会社を経営する男性社長がいるのです。2008年に、営業を任されていた神戸市内のパチスロ店で売り上げを伸ばすため、不正なICチップを取り付け、風営法違反で逮捕されたこともある。この社長が営業を取ってきたり、入れ知恵したりしているのでしょう」(先の芸能記者)

     当の社長に話を聞くと、

    「あの子は元々、娘の友だちで、仕事がなくて悩んでいたから、うちの会社で雇って、個人的な範囲で活動させているだけです。芸能活動にはならないと思うし、今後は中国や台湾への進出も考えています」

     元エースがこの有様では、AKB商法もさすがにそろそろ潮時か。

    ワイド特集「人生の逢魔が時」より
    週刊新潮
    2017年6月22日号 掲載
    ※この記事の内容は掲載当時のものです

    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06270559/?all=1

    続きを読む

    韓国人にとって「反日」とは「道徳」なのである

       1:名前:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [US]:2017/06/27(火) 06:07:41.26 ID:F/eXhekG0.net BE:306759112-BRZ(11000) BE:306759112-BRZ(11000)

    道徳だから異議を唱えることなど許されない 「反日無罪」の論理に日本人はどう立ち向かうべきか

     ここ数年、報道などで「反日」という言葉を耳にすることが多くなった。言うまでもなく、中国・韓国で「反日感情」が高まっているのがその原因である。
    周知のように日本と中国・韓国の間には領土問題や歴史認識問題、慰安婦問題、靖国神社参拝問題、戦後補償問題などをめぐる葛藤があり、
    一般の中国人・韓国人も反日感情を昂ぶらせているのである。そして、その感情は年を追うごとに激しさを増している。
    ところが、日本では反日感情に対する研究をおろそかにしてきたこともあって、今に至っても韓国・中国の反日感情の実態がよく理解できておらず、その対処もろくになされていない。
    ここでは韓国の反日感情の実態を大まかに述べ、その対応方法について考えてみたいと思う。


    韓国人にとって「反日」とは「道徳」なのである
    http://bunshun.jp/articles/-/3076
    続きを読む

    いまだに24時間テレビの「ランナー」が発表されない理由

       1:名前:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [US]:2017/06/27(火) 05:18:03.25 ID:F/eXhekG0.net BE:306759112-BRZ(11000) BE:306759112-BRZ(11000)

    今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)は8月26~27日に放映されることがすでに発表されているが、恒例のマラソンランナーは誰なのか、いまだに発表されていない。
    例年ならば早くて5月末ごろに発表されているものだ。

    「情報ではベッキーや元『SMAP』の草彅剛、ブルゾンちえみなどにオファーがあったという話が錯綜していましたが、どうも全部ガセ情報だったようです。
    現実としてはお笑い芸人になるのでないかというのが、われわれ記者のあいだでの見立てです」(芸能記者)

    24時間テレビのランナーは、走ることに感謝しないと務まらないという“建前”がある。昨年走った落語家の林家たい平は、オファーが来たときにこう思ったと語っていた。

    《笑点50周年の展覧会に行って、笑点がたくさんの人に愛されていることを感じた。その後に『走ってくれませんか』と言われた。
    50周年の今、自分がここにいる意味、師匠が倒れてしまった意味、歌丸師匠が勇退なさる意味。
    いろんなことが怖かったけど、全てが背中を押してくれた。師匠が元日に『俺は絶対に復帰するから』と言ってくれた言葉を受け、弟子として何かできないかと思っていた》

    「ランナーには走るための“大義名分”がないといけません。
    イメージ的には、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音あたりがみそぎのために走るのが話題を呼びそうですが、もちろん無理でしょう。
    ほかの線だと、“人生に苦労している誰か”を探せ、という話になってきます。もしくは新生活に向かい、気合いを入れたい誰かでしょう」(前出・記者)


    いまだに24時間テレビの「ランナー」が発表されない理由
    https://myjitsu.jp/archives/24949
    続きを読む
    最近の更新一覧
    最新記事(画像付)
    ページランキング
    ブログパーツ
     
    最新コメント
    逆アクセスランキング
    メールフォーム


    訪問者数
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: