午後の蒐集

    【話題】舛添氏、号泣元県議と「水の飲み方ソックリ」と話題…コップを手で隠す

       1:名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/14(土) 20:35:38.79 ID:CAP_USER.net
    ?fit=720%2C480

    デイリースポーツ 5月13日(金)18時11分配信

    定例会見に出席した舛添要一東京都知事=都庁

     東京都の舛添要一知事が13日午後、定例会見を開き、自身の政治資金の私的流用疑惑についての釈明を行った。

     昼のテレビの情報番組でも生中継され注目された中、ネット上では会見前にコップで水を飲んだ舛添氏の仕草が、14年に政務活動費を巡る疑惑への釈明会見で号泣した野々村竜太郎・元兵庫県議=公判中=と「完全一致」などと話題になっている。

     舛添氏はこの日、会見場に姿をみせると、ペットボトルの水をコップに移し、コップを右手で隠すようにして水を飲んだ。この仕草にネットが反応。14年の号泣会見時に、野々村元県議もコップの水を手で隠して飲む姿が印象的だったため、さっそくネット上には、両氏の水を飲む姿を写真で並べる投稿も。「舛添さんが野々村氏ポーズ」「完全一致」「水の飲み方がソックリ」との書き込みも相次いでいる。

     会見で舛添氏は、自身の政治団体(現在解散)が政治資金収支報告書に計上した「飲食代」の一部に私的な飲食費が含まれていたことを明かした。また家族旅行代ではないかと疑惑視された、2013年正月と14年正月の、千葉県内のホテルでの「会議費用」約37万円は、都知事選出馬などに関する重要な会議を、家族と宿泊していた部屋で行ったと説明し「私は政治活動だと思っている」と主張した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000083-dal-ent
    続きを読む

    2ch”に加えて"2ちゃんねる"の商標権も西村博之氏のものに

       1:名前:筑前鐵太郎 ★:2016/05/14(土) 21:27:39.21 ID:CAP_USER.net
    2ちゃんねる掲示板の創設者西村博之氏が出願していた文字商標"2ch"が、特許庁での拒絶査定の後に不服審判の結果、登録を認められた(西村博之氏が商標権を得た)件については既に書きました。その時には、もうひとつの出願である文字商標"2ちゃんねる"(商願2013-8081)については、審判の結果(審決)が公開されていなかったのですが、つい先ほど特許情報プラットフォーム上で閲覧可能になりました。予想通り、"2ch"と同じく、無事登録です。

    文字商標"2ch"は、商標法4条1項10号(他人の周知商標に類似)という理由で拒絶されたものの、2chという商標を周知にしたのは現運営ではなくほとんど西村博之氏であるということから、「"他人"の周知商標とは言えない」という理由により拒絶が取消されて登録となりましたが、"2ちゃんねる"についても同じパターンです。さらに言えば、出願日が"2ch"より早く、出願日(2013年1月15日)時点では現運営にはまだ事業が移っていなかったので、「"他人"の周知商標とは言えない」という点は"2ch"のケースよりもいっそう明白です(商標法4条1項10号の判断は出願時と査定時の両方において行なわれます)。

    "2ちゃんねる"は商標としては"2ch"より使える範囲が広いと思われますので、今後、西村博之氏がどうでるか興味があります。ただ、何回も書いているように、合意の下で事業を譲渡した相手に対してその事業に関する商標権を行使するのは権利濫用とされる可能性が高いのではないかと思います。かと言って事業譲渡は合意の下ではない(乗っ取りである)という主張をすると他の裁判との整合性の問題が生じるのでそう簡単にはいかないと思われます。

    http://bylines.news.yahoo.co.jp/kuriharakiyoshi/20160514-00057662/
    続きを読む

    【IT】日本製PCの没落、消滅の危機…メーカー各社は事業切り離しに躍起

       1:名前:筑前鐵太郎 ★:2016/05/14(土) 21:50:02.18 ID:CAP_USER.net
    東芝と富士通のパソコン事業と、ソニーから独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)の統合計画が白紙に戻った。
    パソコン市場の伸び悩みという根本的な問題があり、統合後の成長戦略が描けなかった。
    各社はパソコン事業をどうするかの練り直しを迫られることになる。

     2015年12月に明らかになった統合構想では、VAIOの親会社である投資ファンド、日本産業パートナーズ(JIP)を中心に、
    東芝、富士通も出資する持ち株会社の下に3社の事業会社を置き、ブランドは維持する方向だった。
    統合すれば国内シェアは3割強となり、NECレノボを抜いて首位になるとしていた。

     だが、世界市場では中国レノボ・グループ、米HP、米デルの3社が計50%強のシェアを占める。
    日本メーカーは上位5社にさえ入らない。3社がまとまることによって規模のメリットを生かす。これが統合の謳い文句だった。

     しかしその実態は、東芝を救済するために捻り出された策だったため、当初から3社は同床異夢であり、
    統合は困難とみられていた。利益を水増しした粉飾決算が発覚した東芝は不採算事業のリストラの一環として、
    パソコン事業の切り離しを検討してきた。東芝のパソコン事業は、15年3月期には1100万台を出荷していたが276億円の
    営業赤字。昨年末にパソコンの出荷を17年3月期に300万台に絞り込むことを決めた。今年4月には同事業を本体から分離した。

     富士通も同様だ。15年10月に発表した経営計画でITサービス事業に注力する方針を打ち出した。非中核と位置付けたパソコン事業は今年2月に分社。携帯電話事業などを合わせた部門の業績が16年3月期には100億円の営業赤字になると予想されたからだ。

     端的にいえば、東芝と富士通は赤字のパソコン事業をVAIOの親会社であるJIPに押しつけて、連結決算から切り離すことを狙ったのである。

     総合的に判断してJIPに統合のメリットなしとなった。そこでJIPは交渉からの離脱の意向を示し、これで交渉は行き詰まった。JIPにパソコン事業のリスクを押しつけたい東芝、富士通と、いいとこ取りをしたい思惑のJIPの統合交渉は、空中分解した。
    http://biz-journal.jp/i/2016/05/post_15065_entry.html
    続きを読む

    【五輪招致】コンサルタント会社への2億3千万円の送金は少数激戦を勝ち抜くために「必要な額だった」竹田JOC会長強調★8

       1:名前:孤高の旅人 ★:2016/05/14(土) 22:06:58.67 ID:CAP_USER*.net
    2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡り、当時、招致委員会の理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が約2億3000万円をシンガポールのコンサルタント会社に送金したことを明らかにしたうえで「正当な招致活動で支払われた」と説明した。
    この内容は国際オリンピック委員会(IOC)にも報告しており、IOCが捜査に協力しているフランス検察当局が判断することになる。

     竹田会長は国内の監査法人の監査を受けた上での支払いで、契約書も存在していることを明らかにした。招致委員会は11年9月に発足して、14年1月に解散した。会長は当時の都知事だった石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏が務めた。
    活動報告書によると、開催都市の東京都、寄付金、協賛金などを合わせた招致活動経費は約89億円。コンサルタント料はここから支出されたという。
    20年夏季五輪招致はマドリード、イスタンブール、東京都の3都市の争いで、13年9月のIOC総会の決選投票で東京が60票を集めて36票のイスタンブールを降した。
    招致では東京も海外の複数のコンサルタント会社と契約して、招致演説の内容、ロビー活動など多岐にわたり助言を受けていた。竹田会長はシンガポールの会社との契約について「ここだけ特別に高額だというわけではなかった」と説明。少数激戦を勝ち抜くために「必要な額だった」と話した。
    今回の疑惑は仏検察当局がロシア選手のドーピング違反のもみ消しに絡んだ汚職の疑いがある国際陸連前会長のラミン・ディアク氏の捜査の過程で浮上した。
    シンガポールの会社「ブラックタイディング」代表のイアン・タン氏はディアク氏の息子、パパマサッタ氏と関係が近いとされる。ディアク氏は当時、東京が招致を勝ち取ったキーマンの一人だった。
    竹田会長は「そんなことがあり得るとは考えたことない」と否定したが、コンサルタント料がディアク氏に流れたかが焦点になりそうだ。【田原和宏】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000112-mai-spo

    ★1 5/13 23:33

    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1463215426/
    続きを読む

    【国際】自分の口座に5億円が入ってた!銀行の入金ミスを報告せず1年で3億5千万円使い込んだ美人女子大生逮捕

       1:名前:いちごパンツちゃん ★:2016/05/14(土) 22:03:02.43 ID:CAP_USER*.net
    誤って銀行口座に振り込まれた5億円もの大金を使い込んだ女子大生が逮捕されたニュースが、
    「もはや何が何だか...」「スゴすぎる!」と話題になっている。

    オーストラリア・シドニーの大学で化学工業を専攻するマレーシア人のクリスティーン・リーさん(21)は、
    4年前に<ウエストパック銀行>の口座を通じて460万ドル(約5億円)を誤って受け取り、
    シドニー空港で逮捕された。

    この大金は同銀行が誤って彼女の口座に入金したようだが、彼女は1日に5千ドル(約54万円)ずつを別の口座に移し、
    たった1年で330万ドル(約3億5千万円)を使ってしまった。現在は130万ドル(約1億4千万円)が残っているという。

    逮捕前のクリスティーンさんは、高級ブランドのバッグなどを多数購入し、贅沢な生活を送っていたらしい。
    しかも、シドニーのハーバーブリッジを見下ろす豪華マンションを借り、彼氏のヴィンセント・キングさんと同棲。
    1ヶ月の家賃は3,120ドル(約33万円)だったというから、呆れて声も出ない。

    そして先日、クリスティーンさんがシドニー空港からマレーシアに渡航しようとしたところ、
    学生ビザの違反があり、出入国審査官によって拘束された。
    大金を不当に受け取った罪については、保釈金1,000ドル(約10万円)を支払い保釈されたそうだが、
    今度は学生ビザの違反があった罪で、シドニー郊外の<ヴィラウッド移民収容センター>に移されることになった。

    彼女の保釈を申し込んだヴィンセントさんは、書類に記入した氏名に誤りがあったため身元証明が必要になり、
    あらためて地方裁判所に本名の「ジュンナン・ジン(Junnan Jin)」で複数の書類を提出することになった。
    1年半交際しているが、彼女が大金を手にしていることは知らず、その金額を聞いて驚いていたようだ。

    再び1,000ドル(約10万円)の保釈金を支払いが完了し、現在はヴィンセントさんとクリスティーンの母親も巻き込んで裁判が続いているとか。
    次回の公判は、6月21日に行われるそうだ。

    2012年から警察が銀行口座の一件について捜査をしており、2016年3月に逮捕状が出されていたが、
    クリスティーンさんは連絡を拒否したまま、マレーシアに緊急帰国しようとしたところを逮捕されたらしい。

    http://news.infoseek.co.jp/article/aolcelebrity_20160514_50830d0e820ec8879154/

    続きを読む

    【政治】舛添知事が釈明会見。「家族宿泊の部屋で会議もしていたから政治活動だ」★16

       1:名前:筑前鐵太郎 ★:2016/05/14(土) 21:20:20.94 ID:CAP_USER*.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160513-00000063-nnn-soci

    東京都の舛添知事が家族旅行の宿泊費を政治資金で支払っていた
    疑いが持たれていた問題で、13日午後、会見を行った。舛添知事は
    家族旅行を認めた一方で、「ホテルで会議もしていたから政治活動だ」
    と説明した。

    舛添知事「ご迷惑、ご心配をおかけし、大変不愉快な思いをさせたことを
    心からおわび申し上げます。私の不徳の致すところで、深く反省しまして
    二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ございません」
    「非常に政治的機微に関わる話ですから、会議室をとってやるようなことで
    はなくて、(ホテルの部屋が)大きな部屋ですから、そこで1時間だったか
    2時間だったか終日だったかよく記憶してませんけど、政治の会議を
    やったんだと、知事に立候補するために」

    舛添知事は、都知事就任前の2度の正月に、千葉県内のホテルを利用した
    費用合わせて約37万円を「会議費」の名目で政治資金で支払っていたが、
    13日の会見で家族4人の旅行で使ったホテルの宿泊費であることを認めた
    一方で、「部屋に関係者を呼んで都知事選に関する重要な会議を行った。
    家族の分も含め政治活動だと認識している」と説明した。会議に参加した
    人物や人数は「答えられない」としている。

    一方で「誤解を招いた」として収支報告書を訂正し返金する意向を示した。
    舛添知事はその上で、「反省して、職務を全うすることで責任を果たす」として、
    辞任しないとしている。
    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1463218288/
    1が建った時刻:2016/05/13(金) 17:22:04.74
    続きを読む

    【韓国】ソウル都市鉄道公社、東芝と業務提携 海外市場への進出に関する協力も模索[5/14]

       1:名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2016/05/14(土) 21:19:36.41 ID:CAP_USER.net
     ソウル都市鉄道公社(地下鉄5-8号線を運営)は13日、日本の東芝との間で、技術交流・協力に関する
    業務提携契約を締結したと発表した。

     この業務提携により、両社は鉄道部品全般に関する技術交流や、新技術に関する情報の共有に向け協力し、
    海外市場への進出に関する協力も模索していく見通しだ。

     東芝はソウル地下鉄7・8号線の車両の中心的な装置を製造したメーカーだ。今回の業務提携を通じ、
    都市鉄道公社の車両の老朽化したインバーター(逆変換装置)を安定化させるため、メーカーとして
    技術支援を行うこととした。

     都市鉄道公社はこのほかにも、車両の老朽化への対策を講じる上で、技術的な支援を得られると見込んでいる。

    NEWSIS/朝鮮日報日本語版 2016/05/14 08:15
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/14/2016051400427.html
    続きを読む

    【自動車】 現代自グループはなぜ三菱を取得しなかったのか?~韓国で消えぬ戦犯企業イメージ、今後、日産にも影響か[05/13]

       1:名前:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2016/05/14(土) 21:28:01.68 ID:CAP_USER.net
    年間生産量850万台に達する世界4位の企業ルノー-日産アライアンスが年間100万台規模の三菱自動車を取得した。約2兆5470億ウォンを投じて三菱が新規発行する株式を取得する方法で総持分の約34%を取得する。取得が終わっても三菱グループは16%ほどの持分を持っていて経営権はないがグループ間の関連性は残っている。ルノー-日産は三菱の取得で確固たる世界4位にのぼった。
    (中略:経緯)

    -三菱国内再進出の可能性は?
    三菱は韓国国内に何回も進出した。2008年9月の進出ではランサーエボリューション、アウトランダーなどの代表車種とエクリプスを発売して市場拡大を狙ったが2011年、販売が振るわず撤収した。撤収直前の2011年1分期には販売量が34台に過ぎないほどだった。その後、2012年CXCモータースが再び三菱を持ってきたが、上半期販売量が22台と深刻な不振を記録し、2013年7月に再び門を閉じた。

    この様な状況で日産が三菱を取得し、韓国に再進出する可能性は低いと見られる。輸入車業界のある関係者は「国内では三菱ブランドが戦犯企業のイメージを持っているので、ほとんどの商品で販売を増やしにくいだろう」とし、「日産と三菱の提携で日本現地で軽自動車などの開発と生産、販売は活発になる可能性が高いが、国内に及ぼす影響は殆どないだろう」と解説した。

    -戦犯企業イメージ、日産に?
    1870年に創業し146年に達する歴史を持つ三菱グループの自動車部門は代表的な国民車企業だ。第二次世界大戦と朝鮮戦争をたどりながら急成長した航空機、自動車産業を土台に三菱は鉱山、船舶、移動通信、金融、保険、電子、自動車など手を伸ばさなかった分野がないほどだ。特に、私たちがよく知っているキリンビールやカメラ企業ニコンなども三菱の系列会社で日本を含む全世界に広く広がっている。

    しかし、韓国国内で三菱は戦犯企業であり、日本軍の戦争を支援したイメージを脱せずにいる。従って日本との関係により不買運動が起きやすく、事業の立場では簡単に抱えることのできない会社だ。こういう三菱のイメージが日産に投影される可能性も考えられる。自動車業界では三菱と日産そしてルノーが同じ釜の飯を食べる状況が演出され、国内にもルノー・サムスン自動車がこれらと同じ系列会社となる。従ってきれいに洗い落とせない戦犯企業イメージは日産にとっても毒になるものと見られる。もちろん日産を含む日本企業の中で戦犯論議から自由な会社は多くない。

    -現代車グループはなぜ三菱を取得しなかったのだろうか?
    日産と三菱の関係を調べれば残念ながら大きな課題が出てくる。それは現代自動車グループと三菱の関係だ。三菱は現代自動車の技術的支援者であった。1990年代まで現代自動車のエンジンと変速機は三菱製品が多かった。グレンジャーなどの高級車もやはり三菱と共有する状況だった。現代自動車が技術的に自立した後、関係は疎遠になったが、年間100万台水準の三菱は魅力的な取得商品だったかもしれない。

    今回の取り引きで見れば日産は三菱を安値で買いとった。2兆5000億ウォン余りだ。これは現代自動車が三成洞(サムソンドン)の韓電敷地を取得するのに使った10兆5500億ウォンの1/4にもならない。破格的な三菱持分取得に対して残念さが残る理由だ。反面、日産内部ではカルロス・ゴーン会長がグローバルトップ3会社に跳躍するための一種の賭けという説もある。三菱を合併して日本の小型車市場占有率を引き上げ、全世界生産量規模でも先んじるという意志だ。

    しかし、現代自動車グループの路線はこれとは違う。ジェネシス・ブランドで高級化に死活をかけている。三菱が現代車の戦略にあまり役立たないだろうという推測も可能だ。また、もし取得しても、これまでの戦犯企業論議から自由ではなく、技術もやはり今は現代自動車グループがむしろ先んじる状況なので魅力的な商品ではない可能性が高い。
    (攻略:今後三菱は?)

    イ・タイル記者

    ソース:オートヘラルド(韓国語) 現代車グループはなぜ三菱を取得していないのではないか?
    http://www.autoherald.co.kr/news/articleView.html?idxno=18793

    関連スレ:【自動車】 現代自動車の「師匠」だった三菱自動車の没落~今、現代・起亜は世界自動車業界5位、三菱は16位[05/13]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1463145080/
    続きを読む

    【国内】プラズマクラスターに水素水・・・技術に劣る日本の企業はオカルトに頼る

       1:名前:海江田三郎 ★:2016/05/14(土) 20:51:17.84 ID:CAP_USER.net
    http://blogos.com/article/174792/

    この頃は「水素水」が一部で流行っているようで、いかがわしい業者ばかりではなく名の知れた
    一流メーカーも参入するようになったわけですが、どうしたものでしょうね。まぁ元より世界に冠たる
    日本の家電メーカーなども挙ってマイナスイオングッズに群がっていたりしたくらいですから、
    日本企業の見識とはそういうものなのかも知れません。

     かくいう私も家電量販店でバイトしていた頃は、効果がないと知りつつマイナスイオン製品を売り込んでいたことがあります。
    お客さんへ「こんなの完全にデマ、オカルト商法ですよ」みたいに説明しておけば誠実な振る舞いで
    あったのかとは思うところですけれど、そんなことをすれば店長に怒られるだけですから。

     その他にも日本の名だたる食品メーカーや製薬メーカーが、これまた根拠の薄弱というか捏造に等しいレベル
    の健康グッズを盛んに販売しているわけです。何とも恥ずかしい話ですが、市場にはそれだけの
    需要があると言うことでもあります。為政者が有権者の水準に引き寄せられていくのと同じように、
    メーカーもまた顧客の水準に擦り寄っていくところもあるでしょうか。
     マイナスイオンだのプラズマクラスターだの水素水だの高音質microSDカードだの、そんなものはハッタリだと
    理解している人は当然ながらメーカー側にもいるのだとは思います。しかし、それでも発売されてしまう、
    社を上げて売り込みが図られてしまう辺りに「日本の会社」らしさがあるのかも知れません。日本の会社が重んじるのが何なのか、
    窺い知れるところです。
     結局のところ日本の会社はどこも「コミュニケーション能力重視」「人物重視」です。技術力や科学の素養
    なんかよりも大切なものがあるのだと言えます。真摯に優れた製品を開発するよりもハッタリで誤魔化す、
    会社の偉い人の望み通りの回答でご機嫌を取ることの方が優先順位が高いわけです。
    日本の会社で活躍したければ、知性には蓋をしなければなりません。こんな馬鹿げた製品を
    ラインナップしていけば中国や韓国の企業に追い抜かれるのは当たり前ですよ、と忠告できるような人は
    就職の段階で弾かれてしまう、あるいは奇跡的に社内に存在していても黙殺されてしまうのでしょう。

     日本の技術力云々は、こうしたハッタリ商法の横行を見るに完全に過去の神話になってしまったなと感じます
    むしろ近年は中国企業に技術力で追い越されるばかりか賃金水準でも上を行かれるケースが珍しくなりつつあります。
    日本の会社の偉い人々は日本をどこへ導こうとしているのか、どうにもこのままの方向ですと「技術力は今ひとつだけれど
    賃金コストは低く抑えられる国」になりそうです。発展途上国にとって、そ
    れは通過段階なのですが――日本の場合はゴールになっていそうな辺り、目も当てられません。
    続きを読む

    【五輪招致】2億円送金先 元代表「会社はもうない」「話したくない」★2

       1:名前:曙光 ★:2016/05/14(土) 19:54:52.69 ID:CAP_USER*.net
     東京オリンピックの招致をめぐり2億円あまりの不正な送金があったとされる問題で、送金先の会社の元代表を名乗る男性が14日、NNNの取材に対し、「会社はもうない」「捜査には協力している」と語った。

     この問題は、東京オリンピックの招致が決定した前後、シンガポールの銀行口座に日本から約2億2000万円が送金されたもの。
    この口座は国際陸上競技連盟のディアク前会長の息子に関係するブラック・タイディングス社のもので、その住所をたずねるとアパートが建っていた。

     「(Q捜査当局と話した?)全面的に協力しています。(会社は?)もうありません」-会社の元代表を名乗る男性はこのように話す一方、業務内容や日本側から受け取った金額については「話したくない」などとして答えなかった。

     JOC(=日本オリンピック委員会)は支払った2億円あまりについて「招致活動のコンサルタント料だった」と説明しているが、フランスの金融検察当局は民間組織間の贈収賄などの疑いで捜査している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160514-00000032-nnn-int
    日本テレビ系(NNN) 5月14日(土)17時45分配信

    ★1 5/14 18:12

    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1463217174/
    続きを読む
    最近の更新一覧
    最新記事(画像付)
    ページランキング
    ブログパーツ
     
    最新コメント
    逆アクセスランキング
    メールフォーム


    訪問者数
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: