1:名前:白夜φ ★@\(^o^)/:2014/09/12(金) 23:39:33.62 ID:???.net
恐竜スピノサウルス泳いでいた ティラノサウルスより巨大
【ケープカナベラル(米フロリダ州)共同】背中にひれに似た突起を持つ白亜紀の肉食恐竜スピノサウルスは、
陸上よりも水中での生活に適応していたとする研究結果を、米シカゴ大やナショナルジオグラフィック協会などの
研究チームが12日付の米科学誌サイエンスに発表した。

北アフリカで見つかった数少ない化石標本をデジタル化し、骨格構造を調べて判明。
体長は約15メートルで、これまで見つかった肉食恐竜ティラノサウルスの最大の個体より2・5メートル大きい。
陸にいた種が水中生活に適した状態に進化したとみられ、研究者は「肉食恐竜というより初期のクジラのような体形だ」と驚いている。

2014/09/12 03:00 【共同通信】
__________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091101001991.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/09/12 03:00配信記事

▽関連リンク
Science DOI: 10.1126/science.1258750
Semiaquatic adaptations in a giant predatory dinosaur
http://www.sciencemag.org/content/early/2014/09/10/science.1258750.abstrac

The University of Chicago
Massive hunter prowled water’s edge
http://www.uchicago.edu/features/massive_hunter_prowled_waters_edge/
   2:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/12(金) 23:52:27.76 ID:lYqVBBam.net
ジュラ紀
白亜紀
デボン紀
シルル紀
石炭紀
二畳紀
三畳紀

で順番も名前も全部正解?
   4:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/12(金) 23:58:51.61 ID:LklrMtDa.net
なんという背びれ・・・

放熱板、は海中生活していたらいらない気がするんだが・・・
背びれに風を受けて大航海してたりしてw
  11:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 01:48:29.17 ID:NNMhRQ3K.net
どうせ氷河期が完全に終われば日本も熱帯みたいな気候になって
2mのトンボや昆虫、恐竜の復活があるんでしょ?
  12:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 02:03:40.50 ID:oVXRSNC6.net
開放血管系の昆虫が巨大がするにはもうちょい酸素濃度の上昇が必要だから
もう少し待たないといけないんじゃなイカ
  15:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 07:00:21.63 ID:8CqHwtnV.net
もし泳いでいたとしたら、背びれは直進安定性を高めるためのものだろう。
魚は推進力に変えるために付けてるけど、これは位置、形から違うだろうな。
あんまり泳ぎはとくいじゃ>>なかったのかも。
  16:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 07:04:34.80 ID:J1Op+q28.net
なんだこのクリエーターがやっつけ仕事したような恐竜はw
背びれおかしすぎだろ
  17:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 07:08:07.41 ID:ftYM5WLc.net
こりゃまたガラッと変わったな
泳ぎが得意とかは予想できたし前足は水底を蹴るアンカーみたいなものって説は前にも聞いたが
まさか四足歩行になるとは
浮力に頼り四足にまでなってる所を見るに陸上大型獣脚類の上限はティラノあたりに落ち着くんだろうかねえ

デイノケイルスの時の方が衝撃ではあったが
やはり知名度の差でスピノぐらいじゃないとニュース扱いされないんだろうなぁ…
  93:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/20(土) 22:33:25.89 ID:xc3BBAOT.net
>>17
>陸上大型獣脚類の上限はティラノあたりに落ち着くんだろうかねえ
鳥脚類も大きい種類は通常四足歩行みたいだし、
獣脚類に限らず陸上の二足歩行の上限がティラノ位のサイズなのかもしれないな。
  20:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 08:11:57.50 ID:m76hnBdm.net
バリオニクスとの関係でワニ顔の復元になる前に4つ足で川辺歩いてる復元図が描かれた時期があったけど、
あれはどういう根拠だったんだろう。
  25:名前:素人 ◆GD...pPO7U @\(^o^)/:2014/09/13(土) 08:22:31.34 ID:uiZItTlk.net
またレスの付かない古生物スレの誕生か!

今回の記事、

>スピノサウルス泳いでいた
>ティラノサウルスより巨大

この辺は従来から大体分かっていた事なので今更感があるし、
今回一番驚くべき発見は、スピノサウルス新復元の後足が意外と小さく、
基本4足歩行という所なのに、何でそれをメインにしなかったのか残念。
  26:名前:素人 ◆GD...pPO7U @\(^o^)/:2014/09/13(土) 08:24:32.51 ID:uiZItTlk.net
ID:JtrHX8/F
お前はヨダレを垂らしながらパンをこねる仕事が向いている。
  27:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 08:28:44.07 ID:m76hnBdm.net
>>26
今回肝心の後肢が見つかったので復元してみたという話なのにね。
  31:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 09:03:14.13 ID:lEtw6NwE.net
カバみたいな生活だったのかなぁ。
カバもあんまり陸上にいると脚を痛めちゃうらしいね。
  32:名前:ee@\(^o^)/:2014/09/13(土) 09:33:43.32 ID:fgH+7Mpv.net
メディカルサイト歯科相模原日吉サンテラス歯科藤沢なのはな内科スマイル歯科アイ整形外科亀有 リリオ歯科八王寺 アクロスみなみの歯科足立 ハート歯科新宿くろさか歯科熊本ファミリー歯科伊勢原桜台歯科森林公園滑川モール歯科いちょう歯科小田原めぐみ歯科ホワイトスタイル
  34:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 09:36:16.13 ID:ilBVmBUM.net
水中というが、これだけの巨体がまさか川で魚とり?
それともやはり海なのか?
  36:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 09:41:46.38 ID:n5TLoCIt.net
獣脚類で4足に至るものも出来るほど、白亜紀前期は多様性が生まれつつあったって事か
しかも淡水とはいえ水中性だったと

魚竜、海トカゲ竜、獣脚竜スピノサウルス類の3分類群が収斂現象して海を泳ぐ時代は
残念ながらあと10くらい偶然が重ならないと来なかったみたいだが
  42:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 10:58:00.33 ID:4pg4SHUX.net
以前はティラノなどの大型獣脚類に比べ、前足が大き過ぎるのが
バランス悪いといわれてたが
後ろ足が小さくて四足歩行なら、むしろバランスの良い体型なのかなぁ
  49:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 14:27:36.07 ID:n5TLoCIt.net
スピノサウルスの仲間のバリオニクスは昔は腕しか見つかってなくて
その腕の大きさをTレックスの腕と体の比率に合わせたら全長50m?とか言われていたなw

ところで、近縁のバリオニクス、スコミムス、イリタトル(=イリテイター)でも
後ろ足は見つかってなかったって事か?
  53:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 15:57:17.92 ID:XY+7YKTp.net
科博でみたばかりのパレオパラドキシアとくらべると
どうしても脚が華奢に見える。
特にあの背鰭。陸上歩いている時に風に煽られたら
パタンと倒れる様が目に浮かぶw
そこからあんな脚で体起こせるとは思い難い。
  54:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 16:30:40.38 ID:Yo+W612O.net
北アフリカだとワニ類が結構居たはずだが、ワニとの競合に勝てたのか
それとも、餌を限定することによって競合を避けたのか?
そして、自身がワニの餌となることはなかったのか
そしてその強力な捕食者の居る川に入らなければならないほど、陸上に餌
が逼迫していたのか
の疑問は残る
  55:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 17:06:12.37 ID:EOAFjguc.net
DNAの技術が進歩して そこから復元図なりが出せるようになるまで 後どれくらいかかるだろうか
其れまでは想像 欠けてる部分は創造で補ったものでしかないんだろうな
  62:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/14(日) 23:48:30.88 ID:LgMHlj8k.net
>>55
遺伝子が同じでもオタマジャクシとカエルとか、芋虫と蝶みたいな外見が全く違う生物はあるからなあ
未来人がカエルや蝶の遺伝子や化石見つけてもオタマジャクシや芋虫と同じ生物だとは考えないだろう
この恐竜もオタマジャクシと同じで、子供と大人で生活環境が違う物であれば体の形も違って骨の形も大幅に違う事になったりするかも知れない
トリケラトプスも成長過程でヒレの大きさや角の形が変わって別種類と判断されていた時代があったしな
  63:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/14(日) 23:56:56.50 ID:D5Eqo1AU.net
>>62
>トリケラトプスも成長過程でヒレの大きさや角の形が変わって別種類と判断されていた時代があったしな
トリケラトプスにヒレはないだろw

冗談はさておき、あのホーナーのトリケラトプス=トロサウルス説なら否定的な意見の方が有力なようだよ、
日本ではあれを定説として宣伝するようなイベントがあったみたいだけど。
  57:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/13(土) 22:11:58.09 ID:ftYM5WLc.net
スピノと同居してたところに大型獣脚類が多く見つかるのは
少なくともスピノはほぼニッチの違う生態だったからなんだなぁ
クマとオオカミというよりは本当にライオンとワニぐらいの関係で

こんな感じで既知の恐竜からカバやペンギンや鵜やカワウソみたいな生活してたのが見つかるかもしれんね
  61:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/14(日) 12:41:51.31 ID:D5Eqo1AU.net
ミネショーとかであまりにもたくさんの「スピノサウルスの歯の化石」なるものが売ってるけどあれ実際はなんなの?
いくら脱落歯と言っても個体数も生え変わり頻度もそこまで多くないだろうし、
1個づつ違うから本物と称したレプリカなわけでもなさそうだし。
  65:名前:名無しのひみつ:2014/09/15(月) 12:11:02.74 ID:Qf+N38XPX
>>61
モロッコ産の保存状態の悪い奴は、モササウルスの類の歯がかなりの割合で混じっているという話を聞いたことがある。
よく似ているし、スピノサウルスということにしておいた方が売れるから、ということで。

>>63
夏に横浜で、それにのっとった恐竜点をやってた。昔から、ホーナーはまとめたがりなんだっけ?
  67:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/17(水) 00:47:54.90 ID:uqsLilQQ.net
四足で陸中心だったかもしれん。
ラウイスクスみたいに。
泳ぐのに折りたためない背びれはじゃまなだけだろうし。
陸上四足なら背中への噛みつきに防御が必要。
四足なら体重を充分支えられるので、背中にコブの可能性もあり。
  68:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/17(水) 01:49:29.52 ID:l9BivBQC.net
恐竜がなぜ巨大だったか
当時は地球全体が温暖で超巨大台風が普通であり
風速70メートル以上でも飛ばされないために巨大化したんだ
  71:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/17(水) 09:49:02.82 ID:aoqk6Mee.net
でも、帆だったにせよ瘤だったにせよ、
ディメトロドンみたいに這いつくばってないとバランス悪そうだな
  72:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/17(水) 13:59:41.66 ID:TvyeyR+c.net
なんかがっかりだよね、
ジュラシックパーク3ではティラノよりでかい最強の奴みたいに描かれ夢があったのに
魚食うってw

あとテリジノサウルスも。あれ草食恐竜だったんだって?
子供のころ見た図鑑ではティラノサウルスにあのバカでかい爪の前足がついた想像図で、
これまたティラノ以上の最強恐竜かとワクワクしたもんだ
  80:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/18(木) 11:23:46.40 ID:BkDBG+Jk.net
カバを想定すると、やはり背中には帆より脂肪がついてるほうが
有り得るのでは?
サルコスクスのような巨大ワニ類に対抗するためどんどんでかくなったのなら
体重はすごかったかも。
  84:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/18(木) 22:45:37.25 ID:pLRMzNJJ.net
>>80
水面から帆だけ出して日光に当てて水で冷えた血液を温めてたのかも
  82:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/18(木) 18:15:33.09 ID:FopeLwd0.net
>>80
角竜の頭の襟とかライオンの鬣のように、捕食者の顎よりも大きい突起物を作る事で食われる事を防いだんじゃないかな?
亀がミニトマトを食べようとしても自分の口より大きい物だとトマトの丸みで噛みつけないみたいな感じ
  87:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/19(金) 11:00:06.46 ID:/MqP5IbI.net
目と鼻と耳が一直線に並んでいるので、カバやカエルみたいに水陸両用の生物だったんじゃね・
  90:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/19(金) 17:52:46.53 ID:eI5ushyE.net
泳ぐも糞も
恐竜はすべて海中の生物だよ
ただし、超高圧二酸化炭素の海だけどな^^
今でいう「海」の半分ぐらいの浮力が得られる感じ

その二酸化炭素の海の底を這いずり回ってたのがいわゆる四つ足や二足歩行の恐竜で
海中を漂ってたのが翼竜
今回話題になってるのはその中間の恐竜と思われる
  91:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/19(金) 17:56:54.39 ID:eI5ushyE.net
リアルな話しちゃうと
遺伝子と食料と気候の問題を解決しても
ジュラシックパークは不可能

今の薄~い大気中では
恐竜は立ち上がること自体無理^^
  98:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/22(月) 23:15:25.80 ID:qBvnOGix.net
わかってない人が多いけど、恐竜って
今とほとんど変わらない「重力」環境の中で
今とはまるで違う超高圧の大気から生まれる「浮力」に支えられて
活動していた生き物だよ?

いわば、深海生物みたいなもん
体積が大きいほど浮力が得られるので
巨大化による構造上のデメリットが少ない
それが今の地球環境では非現実的な巨体を維持できた秘密^^
  99:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/23(火) 11:49:42.20 ID:KuJ2ZDxr.net
シロスクスが二足歩行というのも無理があると思う。
あれはイタチみたいな歩き方じゃないかな。
 100:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/24(水) 16:50:45.06 ID:SyGXgVHh.net
しかし、体重20トン。
並みの恐竜なら噛みついて水中に引っ張り込める。
かみ殺す必要はないし、前足の巨大爪も獲物を逃がさない用だったんだな。
後ろにぐいぐい引っ張る力のベクトルで神経棘がその方向に発達したか。
 101:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/24(水) 17:01:27.37 ID:dvAioUZc.net
つか、これだけの巨体で魚食ってことは、魚の方も大物がうようよ泳いでたってことでしょ?
クジラみたいにイワシなんかの群れを丸呑みってようにもできないだろうから
どういう環境だったんだろう
 102:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/24(水) 22:16:43.23 ID:SyGXgVHh.net
2mの魚・レピドテスがいたらしい。
しかし、魚は季節要因があるから、乾季には水面から目と鼻を出して
恐竜を狙ったんじゃないの。
 103:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/24(水) 22:21:38.53 ID:YXXFI36m.net
当時のアフリカだと南アメリカとまだつながってるから古代魚ピラルクの先祖いそうだ。
あと絶滅した淡水サメ類、シーラカンス類、他にもでかいのはいたろうな。
南アメリカにもスピノみたいなイリテーターってのがいたみたいだね
 108:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/25(木) 19:58:33.84 ID:/KVqgteC.net
8mのノコギリエイ・オンコプリスティスが一緒に出てるから
それ食べてたと言われてるね
 110:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/25(木) 20:35:37.34 ID:W0eIfLzG.net
>>108
ノコギリエイは現生でも川を遡上しまくるからなあ

でも子供のスピノサウルスだったらそんなノコギリエイに下手に接近したら
ノコギリエイが暴れた時に足を切断されかねない
 113:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/27(土) 13:07:49.11 ID:/yYMtb/Y.net
竜脚類は骨がスカスカだそうです。
おそらく哺乳類の比重よりかなり軽いのでしょう。
それが巨大になれる理由らしいね。
そこでスピノが骨密度の高い骨を持っているとなると
とてもパワーがある重い動物ということになる。
おそらく最強は確定したのではないだろうか?
 114:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/27(土) 20:18:22.01 ID:1yrQWwix.net
>>113
スカスカって言っても何十トンもの体重を支えて生きていくのに不自由のない程度の強度はあるんだぞ。
軽量化して強度が失われ生存競争に不利になるならここまで繁栄してないだろうし。
 122:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/09/30(火) 06:18:48.22 ID:cP2IOkG6.net
この帆サイズの巨大シダの前葉体が水辺に
今のハスの葉が半分ひっくり返ったような形でウジャウジャ生えてる
水辺の植生をイメージしてみた
 123:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/01(水) 17:39:45.30 ID:N5MTgbtG.net
帆じゃなくてれっきとした「背びれ」だよ
超高圧の二酸化炭素の海の中で
現在の魚のように「泳ぐ」運動と、陸生生物のような「歩く」運動をミックスさせて活動していたと思われる

浮力すら得られるほどの流体状の大気中で活動してたのがキモなんだな^^
恐竜のほとんどが、どこか水棲生物のような流線型をしているのは
おそらくそのせいなんだよ
 128:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/03(金) 00:57:51.30 ID:tNcAZspN.net
巨体を水流を乱さぬように、獲物に気づかれぬように忍び足で近付く必要がある。
泳いでは動作が激しすぎて気づかれる。
これは背骨に大変なテンションがかかる動作だ。
このため、背椎の神経棘に異常な伸長が発生したのではないだろうか?
 141:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/06(月) 18:25:28.62 ID:aEAiATwb.net
いや別にメガロサウルスが四足歩行になったわけじゃないから
むしろメガロサウルスは幼体からふわふわの体毛が発見されて劇的に変わってるし
 162:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/20(月) 21:57:11.00 ID:A/29yXy5.net
ワニみたいな頭骨(スピノ)と、シャチみたいな厚みのある頭骨(ティラノ)では
どっちが強いのか。
 163:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/21(火) 00:11:17.10 ID:ANiHK4Jf.net
>>159
四足歩行ってだけで恐竜じゃなくなるなら大半の鳥盤類はどうなるんだ

>>162
スピノはワニ型って言ってもガビアル系だからのう
 165:名前:素人 ◆GD...pPO7U @\(^o^)/:2014/10/21(火) 13:34:19.36 ID:aftwJHMF.net
>>163
実際の復元をみると、ガビアルよりは丈夫な感じだよ。
スコミムスはショボかったが、スピノはそれなりに大きいから。
 164:名前:素人 ◆GD...pPO7U @\(^o^)/:2014/10/21(火) 13:33:04.48 ID:aftwJHMF.net
>>162
そりゃティラノ。
というか、ワニ型の口は小動物を銜えるための適応。
極端になったのがガビアル。
 166:名前:名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/21(火) 20:27:02.87 ID:ovMwca/f.net
>>164
アリゲーターは幅広の口してるが大人しくて
クロコダイルの方が獰猛で大型哺乳類も襲うぞってイメージなんだが。

元スレのURL