午後の蒐集

    ほのぼのnews+

    【滋賀】料理は残さず持ち帰りを 大津市、「ドギーバッグ」推奨へ[06/26]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/06/26(月) 21:06:01.26 ID:CAP_USER.net
    大津市が、飲食店で食べ切れない料理を自宅に持ち帰る容器「ドギーバッグ」の推奨を始める。
    食べられるのに廃棄される食品ロスは全国で年間621万トンに上り、
    市は食品の有効利用や生ごみ削減につながると期待する。
    ポスターを作成して市内の店舗に協力を呼び掛ける予定で、「食べ残しを防ぐ文化を大津に根付かせたい」とする。

    ドギーバッグは米国など海外で普及し、
    客が恥ずかしくないよう「犬に食べさせる」名目で持ち帰るのが語源という。
    食中毒のリスクについては、店でなく客の「自己責任」とされる。
    容器の種類は問わない。

    日本ではあまり浸透しておらず、食品ロスの削減を目指す自治体間ネットワーク事務局の福井県によると、
    自治体が料理の持ち帰りを推奨するのは全国でも珍しいという。

    大津市は正しいドギーバッグ使用を推奨するとして、市内店舗に配るポスターを作成する。
    持ち帰りのメリットを伝えるほか、刺し身などの生ものは避ける▽清潔な箸で容器に入れる▽帰宅後は早く食べる―など
    消費者庁が作った留意事項を簡潔に説明する。

    食べ残しの処理費用が不要になり、店への利点もあるとして、市は商工会などを通じて協力店舗を募る方針。
    市民にも、広報誌やホームページを通じて周知を図る。
    8月ごろには家庭ごみに食品廃棄がどれだけあるか、抽出調査を行う。

    食品ロス削減は国連の持続可能な開発目標「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」にも明記されている。
    市はSDGsへの取り組みを推進する考えで、
    越直美市長は「米国のように、気軽に料理を持ち帰る風土ができれば」と話している。

    写真:大津市が推奨する「ドギーバッグ」のイメージ


    以下ソース:京都新聞 2017年06月26日 11時50分
    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170626000036
    続きを読む

    【愛知】これでネタ切れ? タモリ来訪で名古屋の今後を心配する声[06/21]

       1:名前:朝一から閉店までφ ★:2017/06/21(水) 16:39:07.39 ID:CAP_USER.net
    2017.06.21 16:00
    タモリの名古屋訪問に地元は沸いたが…
    http://www.news-postseven.com/archives/20170621_565925.html?PAGE=1#container

     過去に名古屋をいじるネタを披露していたことから、“名古屋嫌い”と噂されていたタモリが名古屋を訪れたことで話題を呼んだ『ブラタモリ』(NHK)。前編、後編にわかれて放送された番組は、全国的にも大反響を呼んだ。しかし、なぜか名古屋の今後を心配する声が…。名古屋育ちのコラムニスト・ペリー荻野さんが綴る。

     * * * 
     最近は芸能人が出身地や出身地じゃなくても○○観光大使などになって、地域を盛り上げるのは当然になっているが、観光大使でもなんでもないのに、名古屋を大変なことにしてしまったのが、タモリだ。

     先日放送されたNHK『ブラタモリ』名古屋編前後編。地元では新聞が大きく取り上げ、中心地にそびえるテレビ塔のボディはタモリのシルエットと「ブラタモリin名古屋」「ついに名古屋へ!」などのイルミネーションでピカピカと輝く。どんな答弁も名古屋弁の河村たかし名古屋市長も記者会見で「和解にお見えになった」と語るといった具合。

     その結果、名古屋地区の視聴率前編17.5%、後編18.3%とこの番組では過去最高を記録。関東地区でも前編13.9%(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ)。ひとつの番組がこれほど地元で話題になり、その沸騰ぶりが地元以外にも伝わるというのは珍しい。 
    http://www.news-postseven.com/archives/20170621_565925.html?PAGE=2
    次のページへ
    続きを読む

    【千葉】産科医院隣に納骨堂計画 医師会反発「条例改正を」 浦安市[06/24]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/06/24(土) 09:26:55.22 ID:CAP_USER.net
    千葉県浦安市の産婦人科医院の隣に、宗教法人が納骨堂を含む寺院の移転計画を進め、
    反発する地元医師会が、墓地や納骨堂の設置要件を定めた条例の改正を市に求めていることが24日、分かった。

    納骨堂は都市部で増える一方、地域によって需要が異なるため全国一律の設置基準をつくるのは難しく、
    東京都や滋賀県などでトラブルが起きている。
    浦安市でも地域との共生という課題が浮き彫りになった格好だ。

    浦安市などによると、宗教法人千光寺(同市)が、浦安市内の社殿が東日本大震災で被災したため、
    東京メトロ浦安駅に近い佐野産婦人科医院の隣に5階建て寺院を新築、納骨堂も設ける。

    写真:納骨堂を含む寺院の建設予定地。隣接する産婦人科医院(左手前)などには建設反対ののぼりが立てられている


    以下ソース:共同通信 2017/6/24 08:41 6/24 08:45updated
    https://this.kiji.is/251128885446034938?c=39546741839462401
    続きを読む

    【東海の議論】 ブラタモリは来たが…マドンナもマイケルも「名古屋飛ばし」 コンサートが会場不足で開けない「30年問題」の深刻さ

       1:名前:朝一から閉店までφ ★:2017/06/19(月) 22:21:48.18 ID:CAP_USER.net
    2017.6.19 11:00
    (1/6ページ)
    1987年に来日したマドンナ(上右)、マイケル・ジャクソン(上左)は名古屋を“素通り”。会場不足でコンサートが開けない「名古屋飛ばし」は今も…(下右は平成31年に改修工事で使えなくなる日本ガイシホール、下左は会場不足で利用が集中する日本特殊陶業市民会館)
    http://www.sankei.com/west/news/170619/wst1706190004-n1.html

     名古屋市でコンサートやイベントの開催が深刻な会場不足によって困難な状況が続いている。東京や大阪で行われたコンサートが名古屋では開かれない「名古屋飛ばし」は、米人気歌手のマドンナやマイケル・ジャクソンの来日公演が話題を集めた30年前から続いており、
    今後も既存施設の改修・休館などが相次ぐため、より深刻な事態が予想されるという。高度成長期の東京五輪、大阪万博の昔から、名古屋は何かと“飛ばされる”運命にあるのか。(三宅有)

    会場確保、1年以上前から抽選

     かつて名古屋をイジるネタで人気を集めたタモリさんが出演し、各地をロケで巡るNHKの番組「ブラタモリ」が6月10、17日の放送で“名古屋初上陸”を果たし、ネット上で話題になっている。そんな名古屋も人気のコンサートはなかなかやって来ない。

     名古屋市中区の日本特殊陶業市民会館で10月に開かれる三味線ユニット「吉田兄弟」のコンサート。津軽三味線とロック、ポップスを融合し国内外で人気を博すが、名古屋公演は抽選を勝ち抜いて会場を確保し、ようやく実現の運びとなった。

     抽選があったのは昨年9月1日。10団体以上の関係者が固唾をのんで見守るなか、事前抽選で決められた順番で回転式の抽選器を次々と回した。白玉が出れば落選、赤玉が当選。外れを引いた担当者はすぐに携帯電話で会社や事務所と次の手を相談していた。

    続きを読む
    http://www.sankei.com/west/news/170619/wst1706190004-n2.html
    http://www.sankei.com/west/news/170619/wst1706190004-n3.html
    http://www.sankei.com/west/news/170619/wst1706190004-n4.html
    http://www.sankei.com/west/news/170619/wst1706190004-n5.html
    http://www.sankei.com/west/news/170619/wst1706190004-n6.html
    続きを読む

    【三重】ランボルギーニ38台、全国から鈴鹿サーキットに集合[06/25]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/06/25(日) 12:38:23.02 ID:CAP_USER.net
    イタリアのスーパーカー「ランボルギーニ」38台が24日、全国から鈴鹿市の鈴鹿サーキットに集合した。
    オーナーたちが豪快な排気音を響かせながら、国際レーシングコースをパレード走行した。

    ランボルギーニだけが参戦し、アジアを転戦するシリーズの第3戦に伴い、レース前のイベントとして開催された。
    待機場所のコース前広場には低い流麗なスタイル、赤、青、黄色のカラフルな車体がずらり。
    珍しい光景とあって、写真を撮ったり、運転席を眺めたりする愛好家もいた。

    写真:全国から集合したランボルギーニ。レース前にパレード走行をした


    以下ソース:朝日新聞 2017年6月25日08時37分
    http://www.asahi.com/articles/ASK6S46RBK6SONFB003.html
    続きを読む

    【青森】1本1万円「神々の林檎」ジュース 弘前市[04/26]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/04/26(水) 19:48:52.44 ID:CAP_USER.net
    青森県弘前市折笠の合同会社「まっかなほんと」が販売する
    1本1万円(720ミリリットル、税別)のリンゴジュース「神々の林檎」が注目を集めている。

    販売当初の2012年は50本程度の試作だったが、
    国内外の富裕層らが贈答用に購入し、今では年間400本ほどを販売。

    同社代表の農業対馬正人さん(52)は
    「価格に関係なく、物語性や高い付加価値を求める方に選んでもらえる商品をつくりたい」と力を込めている。

    写真:注目を集めている1本1万円のリンゴジュース「神々の林檎」


    以下ソース:東奥日報 2017年4月26日(水)
    http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170426024632.asp
    続きを読む

    【三重】「希望する部活動ない」…市立中で新1年生ゼロ[06/18]

       1:名前:朝一から閉店までφ ★:2017/06/18(日) 10:12:56.45 ID:CAP_USER.net
    2017年06月18日 09時55分
     三重県松阪市の市立大江中学校では今年度、入学者がゼロとなった。
    大江中の校区内に唯一ある市立南小を3月に卒業した6年生14人が、大江中に進学せず、隣の市立中部中や市内の私立三重中などを選んだため。市外転出者もいた。このため大江中は1年生0人、2年生11人、3年生12人となった。

     市教育委員会によると、大江中では部活動の数が少なく、「希望する部活動がない」と大江中以外が選ばれたとみられる。

     同市では校区内の市立中学校に進学する際、「生徒が希望する部活動がない場合」は隣接する中学校に進学できる。中田雅喜・市教育長は取材に対し、「大江中の特色や魅力作りが足りなかったのかもしれない」と話している。

     市は今年度、大江中の教諭を南小に派遣して授業を行うなど、両校の交流事業などを実施している。

    2017年06月18日 09時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170618-OYT1T50023.html
    続きを読む

    【鉄道】豪華寝台列車「瑞風」デビュー 走るホテル、西へ 大阪駅で出発式[06/17]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/06/17(土) 12:02:31.32 ID:CAP_USER.net
    JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の出発式が17日、大阪駅(大阪市北区)で開かれた。
    ダークグリーンの「走るホテル」が近畿、中国地方の各地を巡る。

    国内の豪華寝台列車は、2013年にJR九州が「ななつ星in九州」の運行を開始。
    今年5月にはJR東日本の「トランスイート四季島」がデビューしたばかりで、
    ツアー型の「クルーズトレイン」は競争の時代に入る。

    17日に出発した一番列車は大阪駅を出発し、城崎温泉(兵庫県豊岡市)や
    幕末の志士ゆかりの山口県萩市などに立ち寄り、下関駅に向かう1泊2日のコースを走る。

    写真:JR大阪駅を出発する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の一番列車

    写真:大勢のファンに見送られ出発する「トワイライトエクスプレス瑞風」の一番列車


    以下ソース:共同通信 2017/6/17 10:55
    https://this.kiji.is/248614821011408374?c=39546741839462401
    続きを読む

    【北海道】かわいいねカァちゃん カラスのヒナ保護 人気者に 旭川の美容室[06/16]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/06/16(金) 07:48:16.25 ID:CAP_USER.net
    旭川市のJR旭川四条駅に近い「オール商店街」の一角で、
    生後数週間のカラスが市民にかわいがられ、巣立ちの日を待っている。
    巣から落ちたヒナを、見かねた美容室の店長が保護。
    「カァちゃん」と名付けられ、日中は店の前の段ボールで愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

    カラスは5月28日、商店街から50メートルほど離れた駐車場で見つかった。
    「ヒナが鳴いている」と聞いたパンダ美容室店長の遠藤奈々さん(35)が駆けつけた。
    「カラスも野生動物。人間が手を出していいのか」と悩んだが、
    そばに車にひかれた別のヒナの死骸もあり、連れて帰ることに。

    親ガラスとみられるつがいが電柱の上で騒いでいたが、「私が預かるよ」と声をかけると鳴きやんだという。

    写真:商店街の人気者になっているカラスの「カァちゃん」


    以下ソース:北海道新聞 06/16 07:00
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0410958.html
    続きを読む

    【滋賀】子鹿を捕えて飛ぶイヌワシ、伊吹山でカメラマンが撮影 米原市[06/16]

       1:名前:のっぺらー ★:2017/06/16(金) 12:36:12.38 ID:CAP_USER.net
    滋賀県米原市の伊吹山で「イヌワシ」が子供のシカを捕獲して飛ぶ姿を愛好家が撮影した。
    イヌワシは野ウサギを餌にするケースが多いが、子鹿を捕らえる姿は珍しいという。

    琵琶湖水鳥・湿地センター(長浜市湖北町)の池田昇平専門員によると、イヌワシが子鹿をとらえた場面だという。
    イヌワシが大きく翼を広げ、黄色い両足で子鹿の尻の部分をつかんで飛ぶ姿をとらえている。

    撮影者は愛知県大府市追分町、元会社員、秋田豊和さん(62)。
    秋田さんによると、今月6日の昼ごろ、標高約1000メートル付近の伊吹山ドライブウェイで撮影した。
    秋田さんは8年前から年間40日以上伊吹山に通い、野鳥などの撮影を続けているという。
    秋田さんは「こんな写真は初めて」と話す。

    イヌワシは猛禽(もうきん)類で翼を広げると約2メートル。
    空中から急降下して野ウサギなどの小動物を狙う。
    絶滅危惧種で、全国での生息数は500羽程度とされる。

    伊吹山はイヌワシを山上から見下ろして撮影できる全国的に数少ない撮影スポットとされ、
    山上には多くの愛好家が訪れている。

    写真:伊吹山で子鹿をとらえたイヌワシ


    以下ソース:産経west 2017.6.16 07:48
    http://www.sankei.com/west/news/170616/wst1706160017-n1.html
    続きを読む
    最近の更新一覧
    最新記事(画像付)
    ページランキング
    ブログパーツ
     
    最新コメント
    逆アクセスランキング
    メールフォーム


    訪問者数
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: